スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

エンタメ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場


シドニーマラソン

シドニー・ランニング・フェスティバルSydney Runnning Festival

閉店・移転、情報の修正などの報告

爽やかな初夏のシドニーを駆け抜けてみませんか?フルマラソン、ハーフマラソンのほか、9kmと3.5kmの種目があり体力に合わせて参加できます。

こんにちは、シドニーナビです。
公園やベイサイド、ビーチなど気持ちよく走れるコースも多く、ジョギング人口率が非常に高いシドニー。年間を通してさまざまなランニング大会が開かれます。なかでも一番盛り上がるのはなんといってもシドニーマラソン。シドニーのランドマークであるハーバーブリッジを初め、市内の観光名所を走りゴールは世界遺産のオペラハウスという国際的にも人気の大会です。今回はシドニーマラソンについて、エントリー方法や大会当日の流れなど詳しくご紹介します!

シドニーマラソン(シドニー・ランニング・フェスティバル)の基礎知識

体力に合わせて参加できるのが魅力!

体力に合わせて参加できるのが魅力!

シドニーマラソンとは?
2000年に開催されたシドニー・オリンピックを記念して、翌年の2001年から 始まった南半球最大のマラソン大会です。一般に「シドニーマラソン」の名で知られていますが、正式名称は「シドニー・ランニング・フェスティバル」。
42.195km(公認)のフルマラソンのほかに、
21.0975km(公認)のハーフマラソン、
9km のブリッジラン、
3.5kmのファミリーラン、
そして42.195kmの車椅子の部
と全部で5つの種目があります。
9月の平均最高気温は19℃

9月の平均最高気温は19℃

開催時期は?
シドニー・ランニング・フェスティバルが開催されるのは毎年9月の中旬。シドニーでは爽やかな初夏を迎え大変過ごしやすい季節です。日本ではちょうどシルバーウィーク期間にあたる頃。時差がほんの1時間ということもあり日本人ランナーにとって参加しやすい大会といえるでしょう。
大会の規模は?
昨年(2013年)は総勢3万4000人、海外からは57ヶ国約1500人が参加しました。フルマラソンの生中継や世界16ヶ国で放送されるなど人気の高い大会です。英語以外では唯一日本語の大会公式ホームページがあるなど、日本からの参加者も多く、在住日本人も含めると800名以上の日本人ランナーがエントリーしたとか。特に2012年の大会では、公務員ランナーとして有名な川内優輝選手が大会新記録となる2時間11分52秒で優勝。この年はフルマラソンの男女、ハーフマラソンの男女ともに日本人ランナーが優勝するなど大活躍でした!
ゴールにはたくさんの声援が!

ゴールにはたくさんの声援が!

参加資格・制限人数・制限時間については?
フルマラソンとハーフマラソンの参加資格は満18歳以上であること。ブリッジランとファミリー・ランには年齢制限はありません。エントリー人数の制限についてはフルマラソンに限り設けられていませんが、ハーフマラソンは8500人、ブリッジランは16600人、ファミリーランは6500人となっています。制限時間はフルマラソンが6時間、ハーフマラソンは2時間45分、ブリッジランは1時間半で、子供と一緒に家族で参加できるファミリーランには制限時間はありません。

コース&参加費&エントリー方法

各コースとスタート時間
全ての種目のスタート地点となるのはミルソンズポイント。そしてブリッジラン以外のゴールはオペラハウスになります。(※ブリッジランのゴールはロイヤル・ボタニック・ガーデン)
スタートは6時15分にハーフマラソン、7時15分に車椅子の部、7時20分にフルマラソン、7時50分にファミリーラン、最後9時にブリッジランと同じスタートラインから時間をずらしてスタートしていきます。
フルマラソン7:20amスタート

フルマラソン7:20amスタート

ハーフマラソン6:15amスタート

ハーフマラソン6:15amスタート

ブリッジラン9:00amスタート

ブリッジラン9:00amスタート

ファミリーラン7:50amスタート

ファミリーラン7:50amスタート

参加費
参加費は8月1日~9月20日までに申し込んだ場合のスタンダード料金と、~7月31日までの申し込みで割り引きになるアーリーバード料金があります。各種目の料金は以下の通りです。
★フルマラソン
スタンダード$195 アーリーバード$180 
★ハーフマラソン
スタンダード$120 アーリーバード$105 
★ブリッジラン
スタンダード大人$80/子供$60
アーリーバード大人$55/子供$50 
★ファミリーラン
スタンダード大人$65/子供$50
アーリーバード大人$55/子供$40
※子供料金は5~17歳まで
※5歳未満は無料
エントリー方法
大会への申し込みはSydney Running Festival(英語)か、日本語の「シドニーマラソン公式サイト」からオンラインでエントリーできます。申し込み用紙をダウンロードしてFAXや郵便 で送ることも可能。また、シドニーマラソンのパッケージツアーを主催する旅行会社もあります。

大会準備と当日の流れ

シドニー到着後は、大会の前日までにゼッケンの受け取りを済ませ、スタート会場への行き方を調べておきましょう。手荷物の預け方、トイレや給水所について、ゴール会場でのメダル受け取りなど当日の流れも把握しておくと安心です。
シドニーの中心に建つタウンホール

シドニーの中心に建つタウンホール

★イベントキットの受け取りは?
計測チップ付ゼッケンやレースガイドなどの「イベントキット」は、シドニータウンホールに設置されたアシックス・イベント・エクスポ(ASICS Event Expo)に用意されています。エントリー後に送られてきたイベントキット引換証を忘れずに持参しましょう。会場には「日本人ランナー専用受付」もあります。
スタート会場はミルソンズポイント駅を降りてすぐ

スタート会場はミルソンズポイント駅を降りてすぐ

★スタート会場へはどう行くの?
スタート地点であるミルソンズポインへは電車を利用するのが便利です。タウンホール駅からミルソンズポイント駅へは約10分ほど。当日は午前5時から約15分毎に運行されています。ランナーはゼッケンを見せるだけで、電車やバス、フェリーなどの公共機関が終日無料で利用できます。サーキュラー・キーやロックス地区に宿泊している人は、ハーバーブリッジの歩道を歩いてスタート地点へ向かうこともできます。
ゴール後は「手荷物引換所」でピックアップ

ゴール後は「手荷物引換所」でピックアップ

★手荷物はどうしたらいいの?
上着などの手荷物は、イベントキットに入っている手荷物預かり用のビニール袋にゼッケン番号を添付し、スタート会場で預けましょう。ゴール後にリカバリービレッジの「手荷物引換所」でピックアップします。ただし、パスポートや貴重品などはレース会場に持ち込まないほうがいいでしょう。
コース中の給水所やトイレは?
マラソンコースには15ヶ所以上の給水所やエイド・ステーションが用意されています。また仮設トイレはスタートとゴール会場はもちろん、コース上にも約2.5~5kmごとに設置されています。
スタート会場の仮設トイレ

スタート会場の仮設トイレ

たくさんのボランティアによるサポート

たくさんのボランティアによるサポート

憧れのフィニッシャーズTシャツ!

憧れのフィニッシャーズTシャツ!

完走したら?
完走した全てのランナーには完走メダルが贈られます。フルマラソンランナーにはメダルのほかに「フィニッシャーズTシャツ」が贈られますので、ゴール地点から100mほどの所にあるリカバリービレッジで受け取りましょう。リカバリービレッジにはドリンクやエナジーフード、無料マッサージなどのサービスがあり、また各旅行会社のテントも設けられています。

マラソンランナーを応援しよう!

自分は走らないけれど大会に参加する友達やパートナーに声援を送りたい、記念のベストショットを撮影してあげたいという方も多いと思います。そこで「沿道からの応援ポイント」をいくつかご紹介しておきましょう。応援部隊も体力勝負!?全部を回って声援を送りましょう~^^
スタート会場からは歩道用階段を使って徒歩10分

スタート会場からは歩道用階段を使って徒歩10分

1. ハーバーブリッジの歩道
出発してすぐに通過するハーバーブリッジではまだ団体で通過するため迫力のランナー達が見られます。幅が狭いスタートラインの様子を見送るのは難しく写真も撮りにくいため、スタート直後の(まだ元気な?)ランナーを撮影するには、ハーバーブリッジの歩道からがベスト。レースが始まる前には移動して金網で隔てられていない橋の端で待機するのがおススメです。ランナーは進行方向の左側(オペラハウス側)を走れば、歩道からでも見つけやすいでしょう。
マッコーリー・ストリート

マッコーリー・ストリート

2. マッコーリー・ストリート
マッコーリー・ストリートではフルマラソンのランナーと、ゴール目前のブリッジランのランナーと両方の選手を応援できます。フリーウェイからマッコーリーストリートへの下り坂をぞくぞくと降りてくる人波、給水所で水を求めるランナーたち、ゴール前の大きな声援・・。そして素晴らしいのは、ブリッジランのランナーたちが自分たちも走りながら、道の反対車線を走るフルマラソン選手へ送る拍手や声援。沿道で見ていたナビも思わず感動!
ここでは記念の一枚を!

ここでは記念の一枚を!

3. パークハイヤット裏のドウズポイント公園
ハーバーブリッジやオペラハウスをバックに記念写真が撮れる最高のスポット。ここにはランナーの写真を撮るプロのカメラマンがスタンバッて撮影をしています。ランナーは自分の写真をウェッブ上から購入できるので、ここではみんな両手を挙げたりガッツポーズしたり・・。ここならお目当ての人もすぐ見つかりますよ。かっこいい一枚を撮影してあげてくださいね。
ゴールはもうすぐ!

ゴールはもうすぐ!

4. サーキュラーキー・イースト
ゴール前で最後の応援をしたい、感動のゴールを見たいというかたは早めにオペラハウス近くのサーキュラーキー・イーストの通りへ。ここはもちろんかなりの混雑ですので、応援するランナーが到着する時間より早めに行き、コース横にスペースを見つけること。時間帯によっては日陰がないので、長く待つ場合に備え帽子などの暑さ対策は忘れずにしましょう。
5. ロックス

5. ロックス

6. 現代美術館前

6. 現代美術館前

7. カスタムズハウス前

7. カスタムズハウス前


いかがでしたか?
シドニー・ランニング・フェスティバルの公式サイト(英語)では、つい先日2014年大会のエントリーが始まりました。(日本語サイトでは2月頃にアップデート予定)海外のマラソン大会を走ってみたいという方は、ぜひ早めに今年のシルバーウィークにシドニー旅行を計画してみてはいかがでしょうか。この時期にもしシドニーに滞在している方はぜひ沿道からの応援を。懸命に走るランナーからは感動と勇気をもらえるはずです!
以上、シドニーナビがお伝えしました。

記事登録日:2014-01-24

ページTOPへ▲

関連タグ: マラソン

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2014-01-24

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供