スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

シドニーでビールを飲もう!

ビールの本場、ヨーロッパにも負けていません!こだわり地ビールから人気のローカルビールまでシドニーで堪能してみませんか。

こんにちは!シドニーナビです。オーストラリアと言えば、ビーフにワイン、そしてビール!週末のBBQでは必須ですし、平日のランチ・タイムですらパブの前を通るとビール片手に休み時間を楽しむオージー率はかなり高いです。最近ではオーストラリアワインが注目されていますがやっぱりオージーは、ビールが大好き。オーストラリアでのビール消費量は、世界でも有数だそう。この乾いた気候と晴れた青空と青い海には、やっぱりビールが一番!なにを隠そうナビもビール大好き人間なので、待ちに待ったビール企画(笑)。また、オーストラリアのビールは豊富な種類があり、それぞれ個性のある味・香り・色をしています。さぁ、シドニーでお勧めビールを飲めるパブをご紹介します。

ロード・ネルソン・ブリューアリー・ホテル Lord Nelson Brewery Hotel

1841年に創業され、シドニーで最も古いといわれている老舗パブ。店内で自家醸造されている地ビールは、一“飲”の価値ありです。6種類ある自家製ビールの中でもオススメなのがアルコール、6.1%と少し高めの黒ビール「Old Admiral」。特徴はフルボディという強めの中にも、まろやかさとコク、そして印象的なキャラメルの香りです。歴史的建物のパブの中でこのビールを飲んでいると、とても贅沢な気分になります。また爽やか系の地ビールだと「Three Sheetsビール」というペールエールがオススメ。ペールエールは、イギリスの伝統的製法で作られていて、少しフルーティーに仕上げられています。夏の暑い日などにグッド!フルーティーといえども果物のような甘みはなく、キレと苦みが絶妙に仕上げられています。
このパブはシドニーで一番有名な観光場所ロックスにありますが、少し中心地より離れているため静かな雰囲気。パブの1階は、いつも地元の人たちで賑わっていて、また2階にあるレストランは家族連れが多いよう。トラディショナルなパブ飯も好評です。アットホームなパブで贅沢な地ビールは、如何でしょうか?「100%ナチュラル」と書かれたコースーターは、なんとも愛嬌がありますね。

ローエンブロー・ケラー  Lowenbrau Keller

ロックス中心地、観光案内所の目の前にあるドイツ系ビア・レストラン。スタッフかわいいユニフォームを来ていて愛想がよく、お店の外のテラス席では、ビールを片手にドイツ名物のプルッツェルやソーセージとザワークラフトなどを食べている人達で常に賑わっています。ここの料理やビールは、とても巨大!人数が多い時や、がっつり食事とビールを楽しみたい時にオススメです。ドイツ伝統製法ホップだけを使用したピルスナー「Paulaner Premium Pils」を是非試してみて! 4.9%という調度よいアルコール度のビールで、肉食系大皿料理にはクリスプでドライなこのビールがぴったり。1リットルサイズもあるので自信のある方は是非トライ!夜には、店内で行われるライブミュージックで大賑わい。金曜日から日曜日の週末もライブが開催されているので、食事やおしゃべりと共に是非楽しんで!

住所 Corner of Playfair & Argyle Strrets, The Rocks NSW 2000
電話 02-9247-7785
営業時間:(月-金)10:00-Late(土日)9:00-Late

レッドオークブティックビアカフェ  REDOAK Boutique Beer Cafe

シドニーのビジネス街にひっそりとたたずむ本格ビア・ブティック。ビール・コンテストで多くの賞を受賞している、文句なしのおいしい地ビールのお店です。夕方5時以降は、いかにもビール好きそうなローカル・ビジネスマンが仕事帰りの1杯を楽しんでいる風景が。隣接しているレストランも大人気。入り口を過ぎると、まずビアバーがあり立ち飲みしているローカルやテーブルで軽食をつまんでいる人たちが。隣りは本格レストランなので、テーブルクロスがあるテーブルでの食事もOK。
こちらのオススメビールは「Organic Pale Ale」!オーストラリアの厳しい審査を経て認証されたオーガニック・モルトとホップを使用し、イギリス伝統製法で作られています。さすが数々のビールコンテストで評価を得たビールだけあって、とても味わい深い仕上がりです。スタンダードなビールですが一口飲むと、なんともクリーンな味でそのすばらしさに納得。またこちらのビア・ブティックは、料理とその料理に合うビールをセットにしたバーメニューがあり、メニュー選びに悩んだ時にはなかなか助かると同時にお店のビールへの熱い想いが随所に感じられます。小さなグラスで4種類のビールとタパスが試せるお得なテイスティン・グメニューもあるので自分好みのビールを探してみてはいかがでしょうか?

住所 201 Clarence Street Sydney
電話 02-9262-3303
営業時間:(月-土)12:00-Late 
定休日:日曜日

アートハウス ホテル  The Art House Hotel

その名の通り、1836年にアート・スクールとして創設された建物を改装したシティ・パブ。1階のパブは2部屋に分かれていて、入り口を通ってすぐの部屋にはソファーで落ち着けるラウンジ・バー、奥のメイン・バーは大広場になっていてその時折にあった斬新なアーティスト画家の作品が壁に飾られています。ビールを飲みながら芸術鑑賞も楽しめちゃうなんてちょっと贅沢!?また毎週月曜日には、ヌード・モデルを描くクラスが行われ、一般での参加も可能(ただし有料)。2階に上がると本格派モダン・オーストラリアンを楽しめるレストランがあり、バーで軽く喉を潤した後、2階での食事なんて寒い季節には移動が楽でうれしいですよね。シティで働いているOL・サラリーマンに人気があり、夜は常に混んでいます。
お勧めのビールですが、こちらはローカル・ビアを中心としていて、レストランなどにも比較的メニューにある、辛口で苦みがきいた「Crown Lager」やタスマニアのビール「Cascade Premium Lager」がお勧め。ホテルの部屋で飲むビールよりこのようなパブで飲むオーストラリアン・ビールは「オージー気分」を盛り上げてくれることでしょう。

住所 275 Pitt Street Sydney NSW 2000
電話 02-9284-1200
営業時間:(月-水)11:00-23:00、(木)11:00-24:00、(金)11:00-25:00、(土)17:00-25:00
定休日:日曜日はイベントなどの予約のみ

オークス ホテル  The Oaks Hotel

シドニー・ノース地区のニュートラルベイは、かつてリトルトーキョーと呼ばれていたほど、日本人や日本食レストランの多い地区で、実に多種多様なレストランも多いです。高級住宅街近くということもあり、ハイソなオージーが多く、アッパーなオージーが集まる人気パブがここ、通称オークス。中庭に大きなオーク(樫)の木があり店内・外でBBQを楽しめます。レストランで食べるような上質なビーフ・ステーキをパブ・プライスで提供しているのが人気の秘訣。なんといっても自分でBBQするのでこの値段で提供出来るのでしょう。週末となれば、家族連れや若いカップルの人たちがまだ明るいうちからビール片手に中庭で歓談しています。夕方になるとなんともボリューミーなお肉を焼き、またビールを飲んで楽しんでいます。またシティと違った雰囲気の中、こちらのパブに来たら是非BBQとローカルビールを楽しんで!

住所 118 Military Rd Neutral Bay NSW 2089
電話 02-9953-5515
営業時間:(月-土)10;00-24:00、(日)12:00-24:00

オーストラリアおすすめビール

Crown Lager
他のビールと比べると値段は少し高めですが、コクと苦みが絶妙で誰しもが「うまい」とうなずく、万人ウケする高級ビール。

Cascade Premium Lager 
タスマニアのきれいな空気と水が生んだ傑作ビール。その味は、香り、苦み、キレすべてが物語っています。

Tooheys NEW
深い味わいで誰しもが親しみやすいオーストラリアの代表的ビール。どこの店にも必ずあると言っても過言ではありません。 発音は、「トゥーイーズ」。「トゥーヘイズ」じゃないのでご注意!

James Boag`s Premium 
深みはあるが丸みをおびたビール。香りが特徴的でこちらも好きな人は大好きになるビール。

Bluetongue Premium Lager 
シャンパン風味のビールとでもいうような、爽やかですっきりとした味わい。しかし苦みもキレもちゃんとあり、ラベルもチャーミング。

Pure Blonde 
ロー・カーボハイドレイト(低炭水化物)を売りにしている特に女性に人気急上昇中のビール。爽やかさとキレが特徴だがしっかりとした味と苦みがある。ライトビールでは物足りない方は是非試してみて!

オーストラリアのビール事情は、いかがでしたか?最近ではワインにおされぎみのビールですが、やっぱりこちらの気候には、ビールが合います。シドニー市内には意外に、こだわりのビアブティックが多いものです。アメリカで人気のある爽やかでクリスプなビールよりもヨーロピアン移民が多いせいか、ドイツやイギリスのビールテイストがオーストラリアでは馴染んでいます。お肉やサラダを中心としたパブ飯も根強い人気。週末はファミレス感覚で、家族で食べに来ている人を目にします。どんな町にもパブはあるのでパブ散策も楽しいもの。改めて『ビーサン・BBQ・ビール』は、オージーの代表的スタイルと再認識したシドニーナビでした。
関連タグ:ビールパブ

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2011-07-11

ページTOPへ▲

その他の記事を見る