スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

シドニーの物価事情!

「豪ドルが強い」「シドニーは物価が高い」とは聞くけれど、では日本と比べてどのくらい?シドニー滞在に必要な費用をまとめてリストアップ!

こんにちは、シドニーナビです。
海外旅行のプラン作り、一番最初に??となるのが現地の通貨ではないでしょうか。オーストラリアドルは今、アメリカドルとほとんど並ぶくらい強くなりインフレの傾向が続いています。公共交通料金や観光スポットの入場料金は年々値上がりしていて、最新のガイドブックに載っている料金が間違っていることも!では食事や買い物は日本と比べてどうでしょうか?今回は、滞在中に必要な費用の物価をいろいろ調べてみました。

※取材時点(2015年9月現在)の内容になりますので、現地物価や為替の変動により異なることがあることをご理解ください。

シドニーの物価基礎知識


<ホテル>
観光スポットの多くがシティ近郊に集中しているのとホテル自体の数もあまり多くないため、シティエリアに格安ホテルというのは多くありません。料金は15000円~30000円というところ。予約の際の料金表示はほとんどの場合一名ではなく一部屋の料金ですので人数が多ければ割安となります。6000円~のバジェットホテルはシティの南側、ヘイマーケットやセ ントラル駅周辺に多くあります。ニューイヤーズ・イブやオーストラリア・デーなど大きなイベントがある時は特別料金を設定しているホテルが多いです。
<食事>
シドニーの中でもウォーターフロントなど観光地価格を設定できる場所にあるレストランはほかよりもやや高め。ですが、ハーバーの素晴らしい景色を眺められるレストランでの食事は日本と比べたら安いのでは?シドニーはいろいろなタイプのレストラン、カフェ、フードコートなど食事の選択がほんとうに多いので、それほどお金をかけなくてもおいしく食べられる所がたくさん。エスニック街のB級グルメやパブ料理の7ドルステーキ、ハッピーアワーの半額ビールなど日本より安いと言えるものもありますよ。

<観光と交通>
街歩きをしたり、ハーバーを眺めたり、ビーチや公園でのんびりしたりとお金をかけず過ごす以外に、シドニーにはミュージーアムやアトラクションなど有料の観光スポットがたくさんあります。一つ一つを払っていくとかなり高くなってしまいますが、いくつかの入場料がセットになったコンビネーション・チケットや、数十ヶ所の代表的な観光スポットを回れるアイ・ベンチャー・カード(2日~7日間があり)を使えばかなりの割引に!
同じく、移動手段も電車やバスの1回券は高いですが、回数券や観光とセットになったものもあります。観光と交通に関してはうまく計画的を立てることで安くしましょう。
<買い物>
オーストラリアはほとんど全ての物品&サービスにGSTと呼ばれる10%の税金(内税)がかけられています。洋服や靴、バッグ、日用品などは定価で買うと日本と同じくらいでしょうか。旅行者の場合GSTの10%は条件を満たせば払い戻しを受けることができますよ。
UGGやジュリーク、カントリーロード、クランプラーなど、オーストラリア・ブランドの物は日本で買うよりも安く買えます。

シドニーの物価一覧


※ 価格は2015年9月現在のレート(1A$≒85円をもとにしたものです。現在は、オーストラリアドルの為替レートは1A$=82~97円で推移しています。小数点以下は四捨五入で切り捨てています。)

交通費 
〇タクシー初乗り A$3.60≒306円 以後1㎞毎にA$2.19≒186円
〇バス初乗り A$2.10≒178円
〇電車初乗り A$3.38≒287円
〇フェリー初乗り A$5.74≒488円
〇ライトレール(路面電車)初乗り A$2.10≒178円
市内で一番安い交通手段はバス。シティ内なら178円。555の無料バスも活用したい。

市内で一番安い交通手段はバス。シティ内なら178円。555の無料バスも活用したい。

フェリーはシドニーっ子の足。遠くの郊外以外なら488円。

フェリーはシドニーっ子の足。遠くの郊外以外なら488円。

フェリーだと不便な場合でも水上バスなら気軽にいけます!

フェリーだと不便な場合でも水上バスなら気軽にいけます!

電話&郵便
〇日本へ航空小包を送る(1kgまで) A$32.30≒2745円
〇日本へポストカードを送る(航空便) A$1.95≒166円
〇国内に封書で手紙を出す A$0.70≒59円

郵便料金はここ数年ほとんど毎年値上がりしています。なお、日本への普通郵便は葉書も封書も同料金です。
マクドナルド、スターバックスは街にたくさん。安く食事をするならフードコートがおススメ。

マクドナルド、スターバックスは街にたくさん。安く食事をするならフードコートがおススメ。

食べ物&飲み物
〇マクドナルドのビックマック A$5.25≒446円
〇スターバックスのラテ(トール) A$4.20≒357円
〇ペットボトルの水(600ml) A$1.00≒85円
(※街中やスーパーで購入すると安いです。コンビニやエビアンなどのブランドものはA$3.50≒324円程度します。)
〇缶コーラ(500ml) A$3.50≒297円
〇缶ビール(350ml) A$3.50≒297円
〇コンビニのサンドイッチ A$4.30≒365円
〇コンビニのティムタム A$3.00≒255円
〇カフェでサンドイッチを食べる A$6.50~≒552円~
〇カフェでコーヒーを飲む A$3.50~≒297円~
〇ウォータービューのレストランで夕食 A$35.00~≒2975円~
〇レストランでグラスワインを飲む A$8.00~≒680円~
〇パブでビールを飲む A$6.00~≒510円~
〇ミートパイ(お持ち帰り) A$5.00~≒425円~
〇フィッシュアンドチップス (お持ち帰り) A$8.00~≒680円~
スーパーではペットボトルの水もコーラも300円以上!

スーパーではペットボトルの水もコーラも300円以上!

ミートパイ450円程度から。

ミートパイ450円程度から。

カフェで最も一般的な飲み物、カプチーノは1杯320円ほどとお手軽価格。

カフェで最も一般的な飲み物、カプチーノは1杯320円ほどとお手軽価格。


24時間営業のコンビニはほとんどありません。品揃え&価格はスーパーの方がおススメです。

24時間営業のコンビニはほとんどありません。品揃え&価格はスーパーの方がおススメです。

その他
〇タバコ(一箱) A$23.00≒1955円
〇映画 A$19.50≒1657円
〇新聞 A$2.50≒212円
〇雑誌 A$8.00~≒680円~
〇ポストカード A$0.70≒59円
〇虫刺され A$10.00~≒850円~
〇虫除け A$7.00~≒595円~
〇日焼け止め(50ml) A$10.00~≒850円~
〇絆創膏(10枚) A$2.50≒212円
〇パンスト A$8.00~≒680円~
〇折りたたみ傘 A$10.00~≒850円~
〇コアラのキーホルダー A$3.50≒297円


ブリッジクライムは夕暮れ時よりも日中の方が断然お得。

ブリッジクライムは夕暮れ時よりも日中の方が断然お得。

主な観光スポット
〇オペラハウスツアー A$24.00≒2040円
〇ハーバーブリッジバイロン(展望台)A$13.00≒1105円
〇ブリッジクライム A$148.00~348.00≒12580円~29580円
〇タロンガ動物園 A$46.00≒3910円
〇シドニー・ワイルドライフ・ワールド A$40.00≒3400円
〇シドニー水族館 A$40.00≒3700円
〇マダムタッソー A$40.00≒3700円
〇シドニータワー A$26.50≒2252円
〇ハーバークルーズ A$55.00~≒4675円~

事前にオンラインで購入すればシドニータワーや水族館、ワイルドライフ・パーク、マダムタッソーの各入園料が最高30%引き、タロンガ動物園もファミリー入園料が15%割引きになります。
シドニータワー、水族館、ワイルドライフ・ワールド、マダムタッソーなどを自由に組み合わせられるセットチケットはさらにお得です。
チョイスも多く値段も安いハーバークルーズ。2時間のコーヒー付きクルーズは$39=3315円程度。

チョイスも多く値段も安いハーバークルーズ。2時間のコーヒー付きクルーズは$39=3315円程度。

オーストラリア海洋博物館は3つの船内見学が付いて$27=2295円程度。

オーストラリア海洋博物館は3つの船内見学が付いて$27=2295円程度。

タロンガ動物園の入園料とシティからのフェリーがセットになったZooPassは$53=4505円程度。

タロンガ動物園の入園料とシティからのフェリーがセットになったZooPassは$53=4505円程度。

オーストラリアブランド品
オーストラリアのカジュアルブランド、カントリーロードのTシャツは1600円ほどから。

オーストラリアのカジュアルブランド、カントリーロードのTシャツは1600円ほどから。

アグブーツは7000円ほどから。ショッピングモールよりもスーベニアー・ショップの方が安く手に入ります。

アグブーツは7000円ほどから。ショッピングモールよりもスーベニアー・ショップの方が安く手に入ります。

日本でも人気の自然派コスメのジュリーク。ハンドクリーム40mlが約2500円、125mlが5200円と日本より断然安い!

日本でも人気の自然派コスメのジュリーク。ハンドクリーム40mlが約2500円、125mlが5200円と日本より断然安い!

オーガニックコスメのマイエッセンス。シャンプー&コンディショナー1400円、ボディソープ1200円、マウスウォッシュ1100円。

オーガニックコスメのマイエッセンス。シャンプー&コンディショナー1400円、ボディソープ1200円、マウスウォッシュ1100円。


日系のお店で買える物
〇レンジでご飯 A$3.35≒285円
〇ふりかけ A$2.35≒200円
〇醤油(150ml) A$3.2≒272円
〇梅干(150g) A$3.75≒318円
〇カップ麺 A$3.50≒297円
〇歯ブラシ A$2.50≒212円
〇歯磨き粉(140g) A$2.50≒212円
〇女性雑誌 A$28.00~≒2380円~

日本の雑誌や書籍は3倍以上。100均の品物は238円から。
いかがでしたか?シドニーの物価、やっぱり日本と比べればまだ安いでしょうか?それともシドニーって高い~と思った方が多かったでしょうか?
ちなみにオーストラリアでは1セントコインがないため、買い物をしたとき端数が2捨3入されておつりが返ってくるシステムです。あれ~おつりが足りない~なんて焦らないようにw
以上、シドニーナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2015-09-10

ページTOPへ▲

その他の記事を見る