スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

オージー料理特集!~オーストラリアのソウルフードって何?!

オーストラリア一グルメの街シドニーで食べるオージー料理をご紹介します!

こんにちは、シドニーナビです。
海外旅行での食事って旅の大きな楽しみのひとつですよね。でもオーストラリアの美味しいものっていうとみなさんは何を思い浮かべますか?オーストラリアの広大な土地で育つオージービーフや海に面したシドニーだからシーフード!?そんな定番料理から「モダン・オーストラリア」と呼ばれるフュージョン(無国籍)料理まで、今回はオーストラリア一グルメの街シドニーで味わいたいオージー料理をご紹介します!

やっぱり食べたい、がっつりオージー・ビーフ!!

ビーフはオージーが最も好きな食材のひとつ。週末になると公園で家族や友人と大量の肉をバーベキューしているのをよく見かけます。ダーリングハーバーの「ミート&ワイン・コープ」や「アイム・アンガス」などの有名ステーキハウスのほかにも、パブメニューの格安ステーキなど料金はさまざま。
焼き方にこだわる人は好みを細かく注文しましょう。

焼き方にこだわる人は好みを細かく注文しましょう。

メニューに各部位の名称が載っています。

メニューに各部位の名称が載っています。

シドニーのお店でよく見るのは「Angus Beef」と「Wagyu Beef」。アンガス・ビーフとはスコットランド原産の牛で、やわらかくステーキ肉として有名ですよね。実はオーストラリアでは和牛ブランドの牛を日本以外ではもっとも数多く育てているそうで、この和牛ビーフを使ったハンバーガーなども、ほんとうに美味しいお肉の味がしておススメです。
和牛バーガーはお値段高めでも味が違います。

和牛バーガーはお値段高めでも味が違います。

今人気の「グリルド」のヘルシー・バーガー。

今人気の「グリルド」のヘルシー・バーガー。

日本人なら外せない、シーフード!

その場で殻を剥いてくれる牡蠣は半ダースからオーダー。

その場で殻を剥いてくれる牡蠣は半ダースからオーダー。

豊富な南半球の海で捕れるシーフード。シドニーのフィッシュ・マーケットに水揚げされるシーフードの種類の多さは世界第2位、そして水揚高は第3位だそう。いまや観光名所にもなっているシドニー・フィッシュ・マーケットでは、日本のものより小ぶりでクリーミーなシドニー・ロック・オイスター(岩牡蠣)や、日本では高級の特大ロブスター、白身魚のバラマンディ、タスマニア海で捕れるサーモンのお刺身やさまざまな種類の茹でたエビなどなど、どれも新鮮!
特大レッドロブスター。日本の伊勢海老によくにた種だそう。

特大レッドロブスター。日本の伊勢海老によくにた種だそう。

エビのお刺身!?大きいっ!

エビのお刺身!?大きいっ!

ダーリングハーバーやサーキュラー・キーの海沿い、そしてボンダイ・ビーチやマンリーなどのビーチタウンにあるシーフード・レストランで食事するなら、定番のフィッシュ&チップスのほかに、シーフード・プラッター(魚介類の盛り合わせ)がおすすめメニュー。例えば白身魚やイカはフライ、エビやホタテはグリル、そして生牡蠣やサーモンのお刺身と、食材に合わせた調理法の料理がワンプレートになっていていろいろと楽しめますよ。

食べておきましょう、定番B級グルメ!

ハリーズ・カフェ・ド・ホイールのメニュー。

ハリーズ・カフェ・ド・ホイールのメニュー。

オージーの国民食といえばミートパイ。パイ生地にグレービーソースで味付けした小さな角切り肉やミンチ肉を包んで焼いたもので、マッシュしたポテトやケチャップをかけていただきます。具はほかにもクリームシチューやカレー味、チキンやシーフード、ローストした野菜を使ったものなどいろいろで、食事というより小腹が空いたときにササッと食べるファースト・フードという感じ。フードコートやショッピングモール、コンビニなどどこにでも売っているものなのですが、シドニーでなんと65年以上続いている名物ミートパイ屋さんの「ハリーズ・カフェ・ド・ホイール」や、昨年ニューヨークにも進出したミートパイ専門チェーン店の「パイ・フェイス」など、話しのタネに試してみてはいかがですか?
ビーフパイ&グリンピースのマッシュ。

ビーフパイ&グリンピースのマッシュ。

ソーセージ・ロール。

ソーセージ・ロール。

パイ・フェイスのお店はシドニー市内に20店舗以上。

パイ・フェイスのお店はシドニー市内に20店舗以上。

サクサクのパイ生地に牛肉がゴロゴロ入っているのがおいしい。

サクサクのパイ生地に牛肉がゴロゴロ入っているのがおいしい。

忘れちゃいけない、パブ料理!!

チキンシュニッツェル。中にはとろ~っとチーズが。パブ料理とはいえ侮れません!

チキンシュニッツェル。中にはとろ~っとチーズが。パブ料理とはいえ侮れません!

仕事帰りに一杯、ランチタイムに一杯、オージーはパブが大好き。シドニーの街にはパブがたくさんあります。そんなパブで出される料理、代表的なメニューはポテト・ウェッジやサラダ、ミート・パイ、ピザなどのおつまみ系から、ステーキ、シュニッツェル、フィッシュ&チップスなどメイン料理的なものまでいろいろ。量も結構あるので、ナビは何品かをシェアして一食に、なんてこともよくあります。こうして挙げてみるとやっぱりビールに合うものばかり!シドニー旅行中はダイエットのことは忘れてください^^;
パブ料理と一緒にビールがすすむ♪

パブ料理と一緒にビールがすすむ♪

定番、ポテトウェッジ。スイートチリ・ソースとサワークリームが付いてきます。

定番、ポテトウェッジ。スイートチリ・ソースとサワークリームが付いてきます。

旅の記念に、モダン・オーストラリア料理!

ここまでご紹介したビーフステーキやシーフード、ミートパイなどは、これまでオーストラリア人が好んでいた代表的なオージー料理ですが、近年では「モダン・オーストラリア」料理と称するレストランが増えてきています。モダン・オーストラリア料理とは、フランスやイタリアなどの西洋料理をベースにアジアの食材や調味料を使い創作した料理で、まさに移民が多いオーストラリアならではの料理。レストランの格付けは高級なものが多く、予約やカジュアル・ドレスコードが必要なお店もありますが、シドニーでしか味わえない料理や雰囲気を楽しめる食事は旅の記念になることでしょう。

オージー料理にはオーストラリア・ワイン!

オーストラリアの食といえばトライしたいのがオーストラリア・ワイン。オーストラリアは温暖で一日の日照時間が長く降水量も少ないため、ブドウの糖度が高く比較的アルコール度が高いのだとか。特に多く作られているブドウはシラーズとシャルドネで、世界でも数々の賞を受賞しているオーストラリアのシラーズは有名です。定番ですが、やはりぶあつ~いオージー・ビーフ・ステーキと一緒に飲む赤ワインや、新鮮な生牡蠣と飲む冷た~いワインは最高です!
オーストラリアではBYO(Bring Your Own)という、客がお酒をレストランに持ち込んで食事とともに楽しめるシステムがあります。酒屋さんでラベルを読みながらゆっくり選んだ自分の好きなワインを、いろいろな料理と合わせてベストマッチを探してみてください。

いかがでしたか?オーストラリアでの食事、そんなに期待していなかったけどコレは食べてみたい~というのが見つかったでしょうか?オージー料理のほかにも、多民族都市シドニーでは中国、韓国、タイ、ベトナム、イタリア、インドなど本場の味を楽しむことができる各国のレストランもたくさんあります。ぜひいろんな料理にトライして日本では出会わないおいしさを探してみてくださいね。それでは、以上シドニーナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2012-08-01

ページTOPへ▲

その他の記事を見る