スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

オーストラリア人が喜ぶ日本のお土産

出張やホームステイでオーストラリアに行くことになった、お土産はどうしよう!日本からシドニーにいらっしゃる皆さんが意外と苦労されているのが、現地の方が喜ぶお土産選び。「喜んで使ってもらえるものがいいけど、何を買えばいいか分からない!」・・・そんな悩みにナビがお答えします。

こんにちは、シドニーナビです。ホームステイや語学留学などでオーストラリアにいらっしゃる方から、「現地の方に喜ばれるお土産って何ですか?」と聞かれることがあります。そこで今回ナビは、10~60代まで幅広い年齢層のオーストラリア人に聞き込み調査を実施!オーストラリア人に聞いた「もらってうれしいお土産ベスト10」を一気にご紹介いたします。

注意:お土産の定番といったら食べ物が主流ですが、他国に比べて食べ物の持ち込みがとりわけ厳しいオーストラリア。今回ご紹介する中にも食品が登場しますが、卵や乳製品、肉類が含まれた食品は持ち込めないものもありますので注意しましょう。詳しくは、オーストラリア政府検閲検査局のホームページでご確認ください。

10位:ビール・日本酒類

アサヒ・スーパードライをはじめ日本のビールの知名度はオーストラリアでも高く、シドニー市内にも日本のビールが飲めるパブが多数あります。また日本酒はオーストラリアでは「SAKE(サキ)」と発音し、グルメな方々を中心にじわじわと人気が高まっています。お酒好きな方には喜ばれるかも。

注意:18才以上の場合、最大2,250ml (合計量) のアルコール飲料の持ち込みが可能です。

9位:和食器

日本酒のとっくりなどをインテリアとして楽しむオージーも。飾るだけで絵になる和食器。桜柄の可愛らしい茶器などは女性にも人気。厳重にパッキングして大切な友人へのお土産にいかがでしょうか。

8位:文房具

使いやすいと評判の高い日本製の文房具。多機能ボールペンやデザイン性の高いペンなどは重宝されるはず。また、小学生の女子にはキラキラのシールやカラーボールペンなどが人気だそう。ホームステイ先に小学生のお子さんがいらっしゃる場合は、文房具をあげれば喜ばれそうですね。

7位:お箸

絵柄が美しい日本のお箸はオーストラリアでも人気。軽くて持ち運びにも便利ですし、オーストラリアではなかなか気軽に購入できないお箸。ホームステイなどに行く場合、家族全員分買っていけば喜ばれるかも?お箸に加えて箸置きも買っていくとかなりの上級者!?

6位:シートパック

アジア系のオーストラリア人女性から特に人気が高かったのがシートパック。空気が一年中乾燥しているオーストラリアでは、韓国や日本のシートパックを愛用している人もいるほど。ドラッグストアや100円ショップで何種類かまとめてプレゼントすれば喜ばれるはず。

5位:コスメ・整髪剤

ドラッグストアで買えるプチプラのマニキュアやリップグロス、アイシャドウなどは女性から、男性からはワックスなどの「整髪剤が欲しい!」との声。シドニーには、チャイナタウンなどで日本のプチプラコスメを販売しているお店があることからも人気の高さが伺えますね。

4位:キッチン用品

カラフルな色合いが可愛らしいシリコン製キッチングッズやレンジで簡単に料理ができる調理器具など、日本の100円ショップには、消費者のツボを押さえた便利グッズがたくさん。タッパーウエアなども人気。料理が好きな方には、日本ならではの100円ショップのキッチングッズを何種類かまとめてプレゼントすると喜ばれること間違いなし!

3位:緑茶

オーストラリアでは健康志向の人を中心にブームの兆しを見せている緑茶。フィットネス雑誌には緑茶の効能が特集されている記事もあり、日本茶の需要が高まっている予感。ティーバッグだと持ち運びにも便利なので、お土産にするにはぴったりですね。

2位:和柄グッズ

日本ならではの美しい和の絵柄が人気の千代紙。ホームステイ先などで子ども達に折り紙の折り方を教えてあげればホストファミリーとの距離もぐっと縮まって仲良くなれるかも。

1位:お菓子

日本のお菓子は現地でも人気!オーストアリアのお菓子に比べてあっさりして食べやすいそう。特に個別包装になっているチョコレートやキャンディは保存もできるし便利と評判ですよ。チョコレートの詰め合わせなどは様々なフレーバー楽しめるので良さそうですね。

ワンポイント・アドバイス!


1)シンプルが一番!
お土産でもらってうれしいものは「分かりやすいもの」。入浴グッズをもらったのに「家にバスタブがないため困ってしまった」、調味料をもらったのに「使い方が分からず結局使えなかった」などのエピソードも。日常生活で気軽に使えそうなものをお土産にすると喜ばれるでしょう。

2)100円ショップをうまく利用しよう!
「こんなアイテムがあったらいいな」と思う便利グッズが所狭しと並んでいる日本の100円ショップは本当に優秀。オーストラリアでも、100円ショップ大手「ダイソー」がここ数年で続々とオープンし大盛況。お箸セットや扇子、千代紙など外国の方に喜ばれそうなアイテムがたくさんの100円ショップ、どんどん利用しましょう!


いかがでしたか?海外に行くときにお土産で困ったという人も多いでしょう。現地のオーストラリア人へ聞き込みをして作ったベスト10、これからオーストラリアにいらっしゃる方の参考になればと思います。以上、シドニーナビがお伝えしました。
関連タグ:お土産100円ショップ

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2014-09-10

ページTOPへ▲

その他の記事を見る