スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

シドニーの最新お土産特集【2015年版】

定番品からちょっと変わったものまで、シドニーの最新お土産事情をまとめてご紹介!

こんにちは!シドニーナビです。みなさんオーストラリアのお土産といったら何を思い浮かべますか?今回は、やっぱりはずせない定番土産からちょっと変わったもの、またシドニーでしか手に入らないお土産品まで一度にご紹介します!

これぞ定番!シドニー人気の土産物編

【UGG/衣料品】

オーストラリアブランドといって真っ先に思いつくのが、ムートンブーツでおなじみの『UGG』ではないでしょうか?
もともとは羊毛刈り職人の間で誕生したという、丸くてぽってりとした形が特徴のUGGブーツ。それが最近は定番のあの形だけでなく、サンダル型、刺繍入りロングブーツ、サボサンダル型、モカシン型、デニム地などなど様々な新作デザインが登場しているんです!

中にはオーストラリアでしか手に入らないデザインもありますし、時には半額以下で手に入ることもありますので、せっかくオーストラリアに来たのですから是非ともお見逃しなく◎
シドニーの最新お土産特集【2015年版】 お土産おみやげ キュートな新色が揃うモカシン型!オージーは裸足で履きこなすのだとか。

キュートな新色が揃うモカシン型!オージーは裸足で履きこなすのだとか。

家の中でもあったかモコモコのサンダル型も♪

家の中でもあったかモコモコのサンダル型も♪


【ティムタム(TimTam)/食品】
スーパーの棚にぎっしりと並ぶオーストラリアでシェアで67%を誇るチョコレート・スナック。
現地では様々な種類が販売されていて、中には期間限定品や有名なオージー・パティシエとのコラボ商品など一風変わった味も登場しています。

大手スーパー・マーケットのウールワースやコールスなどでは、3ドルくらいで手に入るお土産に最適な5つ入りパックなどもあり、みんなに配る用としても重宝しそうです!
コラボTimTamにはパティシエの名前が。

コラボTimTamにはパティシエの名前が。

イギリス・ブランドのCadbaryチョコも様々なテイストがあり人気!

イギリス・ブランドのCadbaryチョコも様々なテイストがあり人気!

スイス・ブランドのLindtチョコもオーストラリアでは比較的安く手に入るのでオススメ。

スイス・ブランドのLindtチョコもオーストラリアでは比較的安く手に入るのでオススメ。


【ジュリーク(Jurlique)/ボディケア・コスメ】
オーガニック製品の先進国と言われるオーストラリア。そんなオーガニック・ケア商品を代表するオーストラリア生まれのブランドが「ジュリーク」です。
自社で経営するオーガニック農園で採取された植物だけを使うという徹底した製品創りから、地元オージーだけでなく世界中で注目を集めています。そのため、シドニーのデパートには必ずといっていいほどジュリーク・ショップ(もしくは化粧品売り場にて陳列)があるので見つけやすいでしょう。

日本ではまだまだ高く手に入れづらいジュリーク商品ですが、シドニーでは頻繁にセールが行われていますので商品によっては半額以下で手に入れられることも!ワンランク上のお土産としてオススメです!
シドニーの最新お土産特集【2015年版】 お土産おみやげ 店内ではスタッフが丁寧に商品の説明をしてくれます。

店内ではスタッフが丁寧に商品の説明をしてくれます。

新作ラインが詰まったトライアルセットも重宝しそう◎

新作ラインが詰まったトライアルセットも重宝しそう◎


【ティー(T2)/食品・雑貨】
イギリスからの影響も色濃く残すこの国では美味しい紅茶だって手に入ります!中でもメルボルン発祥の「T2(ティーツー)」は、オーストラリア一数多くのフレーバーが楽しめるお茶専門店。毎年季節ごとに新しいフレーバーが増えるので、シドニーに来るたびに立ち寄ってみても飽きることはありません。

店内では試飲ができるほか、可愛いティーグッズも販売されており、セットであげれば喜ばれること間違いなし!!シドニーシティではQVBショッピングモールやワールド・スクエア内などにお店があります。
シドニーの最新お土産特集【2015年版】 お土産おみやげ おしゃれな店内には、紅茶の香りと素敵なティーグッヅでいっぱい♪

おしゃれな店内には、紅茶の香りと素敵なティーグッヅでいっぱい♪

多くのフレーバーに迷ってしまいそう。そんなときはテイスティングをして、お気に入りの一杯をじっくり選ぼう!

多くのフレーバーに迷ってしまいそう。そんなときはテイスティングをして、お気に入りの一杯をじっくり選ぼう!


【珈琲豆/食品】
イタリアからの移民も多いオーストラリアは、街中にカフェがひしめき合い、バリスタ選手権や珈琲のお祭り(通称アロマ・フェスティバル)が頻繁に行われるほどの珈琲大国!
ほとんどのカフェではそのお店独自の珈琲豆を売っているので、お気に入りの珈琲を見つけたらお土産にその味をお友達に持って帰ってあげてはいかがでしょうか?

お薦めは、珈琲好きのシドニーっ子の間で話題の「シングル・オリジン」。セントラル駅から徒歩すぐなので、帰国前に空港に向かう途中で立ち寄れますよ!
珈琲豆は店頭で販売されています。

珈琲豆は店頭で販売されています。

試飲もできるので、フレーバーに迷った時はスタッフに相談しよう◎

試飲もできるので、フレーバーに迷った時はスタッフに相談しよう◎

珈琲にぴったりのオリジナル・チョコレートの販売も!

珈琲にぴったりのオリジナル・チョコレートの販売も!



【シープ・プラセンタ・クリーム/ボディケア】
様々なブランドから発売されている羊(!?)のプラセンタ・クリーム。強い香りもなく、しっとりするのにさらさらな使い心地で、筆者も友人に購入していったら大変喜ばれました!ほかにエミュやヤギのクリームなども有名です。

薬局(ファーマシー)や大型スーパーのKマートやターゲットでも売られていますが、お土産のために大量買いをするならチャイナタウンのお土産屋がオススメ!6個まとめ売りで25ドル程度、とバラで買うよりお得だったりします。
チャイナタウンのお土産店は、正規品でも安く手に入るので穴場!

チャイナタウンのお土産店は、正規品でも安く手に入るので穴場!

何種類もあるシープ・クリームは、テスターを使って使い心地や香りをチェック。

何種類もあるシープ・クリームは、テスターを使って使い心地や香りをチェック。

シドニーの最新お土産特集【2015年版】 お土産おみやげ

そんなものまで!?ちょっと珍しいお土産編

【PAW PAWバーム/軟膏】
PAW PAWとはパパイヤのこと。PAWPAWバームは日本でいうオロナインのような存在で、切り傷や肌荒れなど何にでも効く万能軟膏と言われています。

赤いパッケージが特徴的なこちらの商品は、大型スーパー・マーケットのコールスやウールワース、ほかにもファーマシー(薬局)なんかで売られています。大きさ違いだったり、チューブ・タイプやクリームジャータイプのものもあります。最近では、下の写真のようにリップクリーム用に可愛いパッケージのものも販売されており、男女ともにオススメのお土産です!

【サプリメント】
オーストラリアのサプリメントは、日本に比べてかなり細分化されており、例えば「男性30代用フィッシュオイル」とか、「女性50代用ウーマンエネルギー」、「10代用ビタミン」など年齢や性別、効能に合わせて選ぶことができます。愛用している友人に聞いたところ、効果もなかなかで旅行の旅に買い占めて行く人も多いのだとか。

街の薬局(ファーマシー)のほか、大型スーパーで手に入れることができますが、栄養剤専用の棚にぎっしりと並んでいるのでどれを買うか迷ってしまうかも。。その場合は「肌荒れで悩んでいる」「疲れやすくて…」など、改善したいポイントを薬局で相談すると丁寧に教えてくれますよ◎
シドニーの最新お土産特集【2015年版】 お土産おみやげ スーパーの棚にはたっぷりとサプリメント・コーナーが!

スーパーの棚にはたっぷりとサプリメント・コーナーが!

人気の高いフィッシュ・オイル。肌改善から多くの病気を予防すると言われています。

人気の高いフィッシュ・オイル。肌改善から多くの病気を予防すると言われています。


【オーガニック・オイル/ボディケア・食品】
オーストラリアの女優として有名なミランダ・カーが愛用していることでも話題となったココナッツ・オイル。料理にも、ボディケア、ヘアケアにも、日焼け止めにもなるココナッツ・オイルは、体内の浄化作用のあるココナッツ・ウォーターと共にオーストラリアではかなりの定番商品です。
日本では愛用しているという人はまだまだ少ないと思いますが、オーストラリアに住む人たちにとっては日々の美容健康のためになくてはならないもの!

ほかにも美容・健康に効果のあるティーツリー・オイル、ユーカリ・オイル、ローズヒップ・オイル、マカデミア・オイルなど、多種多様なオーガニック・オイルが販売されているので、香りや塗り心地など自分に合うものを選んでみてはいかがですか?
アンチエイジングや美白に効果のあるといわれるローズヒップ・オイル。

アンチエイジングや美白に効果のあるといわれるローズヒップ・オイル。

スプレータイプもあるので、用途によって使い分けてみて!

スプレータイプもあるので、用途によって使い分けてみて!

美容だけでなく、炎症抑制や痛み鎮静にも効果のあると言われるCastor oil(ひまし油)。

美容だけでなく、炎症抑制や痛み鎮静にも効果のあると言われるCastor oil(ひまし油)。

オイルだけでなく、ジェルやクリームなど、数多くのオーガニック・ボディケア商品が並ぶ。

オイルだけでなく、ジェルやクリームなど、数多くのオーガニック・ボディケア商品が並ぶ。

ヤギのミルク石鹸などもオーガニック100%!

ヤギのミルク石鹸などもオーガニック100%!

「the Soap Bar」はメルボルン発祥のオーガニック・ソープブランド。

「the Soap Bar」はメルボルン発祥のオーガニック・ソープブランド。


【高級チョコレート/食品】
オーストラリア・オリジナルのチョコレートは決してTim Tamだけではありません!
こちらの「Josophans Fine Chocolates」は、世界遺産のブルー・マウンテンズ国立公園地域の街ルーラで作られていることで有名な無添加チョコレート。ルーラ本店では毎月チョコスイーツ作りのワークショップも行われています!ただ本店まで行かなくても、シティのウィンヤード駅からすぐのところにも店舗があるので安心。併設されたカフェではホット・チョコレートやチョコレート・ケーキなども楽しめます!防腐剤などを一切しようしていないため、購入から1週間以内が賞味期限となっているので帰国の最終時に買い求めるのがオススメです。

また、シドニーでQVBとStrand Arcadeに店舗を持つ「KOKO BLACK」はメルボルン発祥の高級チョコレート。高級プレミアム・カカオを使用した高品質チョコレートとして人気になっています。冬場限定のトリュフは休日などは早々に売り切れてしまうほど。こちらもカフェが併設されているので、気になるチョコレートを先に味見してからお土産にするのもいいかも♪
「Josophan's Fine Chocolates」の商品は小分けで売られているのでお土産に重宝しそう♪

「Josophan's Fine Chocolates」の商品は小分けで売られているのでお土産に重宝しそう♪

「KOKO BLACK」は基本的にカウンターでの粒売り。店員さんにオススメやシーズン物を教えてもらおう!

「KOKO BLACK」は基本的にカウンターでの粒売り。店員さんにオススメやシーズン物を教えてもらおう!

フルーツやナッツ入りの板チョコなど、小分けに売られているものもあるので安心。

フルーツやナッツ入りの板チョコなど、小分けに売られているものもあるので安心。


【ベジマイト(VEGIMAITE)/食品】
オージーの朝食でよく見かける一品。味噌のような塩辛いペースト状の食品で、ジャムのようにトーストに塗って食べるのが一般的。成分はイースト菌や麦芽、またビタミンが豊富なので健康志向の人にも好まれてるみたいですね。最初はこの味を苦手な人が多いですが、だんだんとくせになってくるから不思議!?これとあわせて、チョコレート・ペーストのヌテラ(Nutella)もオージーの朝食ではよく登場しますが、こちらはイタリアの商品なのでお間違いなく!
どちらも3種類ほどサイズ別で販売されているので、小さいサイズはお土産にベスト◎オーストラリアローカルの味を友達におすそ分けしてみては??

シドニーの名前入り土産が欲しい!

最後に番外編です。「シドニーに行って来たんだ!」と実感できるお土産が欲しい時、次の場所を訪れてみてはいかがでしょうか?

【スターバックス】

意外と見逃してしまう短期旅行者が多い穴場のお土産スポット!シドニーの名前入りタンブラ―やカップが販売されています。

【マーケット・プレイス】
シドニーの名前入りTシャツやトレーナー。また、オーストラリアのサッカーやクリケットチームのユニフォームなんかも売られています。1着5ドル~10ドル程度なのでネタ用にもオススメ。

【シドニー大学】
オーストラリア最古の名門大学として名高いシドニー大学。その歴史ある建物を見に行くだけでも十分価値がありますが、大学内の生協(Co-op)では大学のオリジナル・グッズを購入することができるのでお見逃しなく!

【オペラハウス】
シドニーといえばやっぱりここ!オペラハウス内の土産物屋にはオペラのCDやTシャツなど、まさにここでしか手に入らないオペラハウスグッズがたくさん売っていますよ。同じようにシドニー・タワーの土産物屋もオススメです。

さて、いかがでしょうか。気になるお土産は見つかりましたか?今回ご紹介しきれなかった商品もまだまだありますので、シドニーを訪れた際は街で、観光地で、色々と探してみてください◎今後も、毎年変わる定番品や新作グッズに目が離せませんね!以上シドニーナビでした。
関連タグ:お土産おみやげ

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2015-07-22

ページTOPへ▲

その他の記事を見る